カタログギフトが好まれる理由   no comments

Posted at 9:35 pm in

今までに数えきれないほどカタログギフトはもらったことがありますし、私自身も贈ったことがあります。
30歳の私はつい最近まで周りが結婚ラッシュでした。
披露宴に招待され、その引き出物の1つとしてもらうのがカタログギフトでした。

もらった引き出物でカタログギフトがなかったことがないくらい結婚式の定番になっているのではないでしょうか。
もちろん私も自分の結婚式の引き出物の1つとしてカタログギフトを入れていました。
贈る方も贈られる方も引き出物 カタログギフトは利点が多いから選ばれるのだと思います。
選ばれる理由の大きな1つとして、好きな物を選べられるからだと思います。
私の場合は自宅に足りない日用品をカタログギフトで揃えました。
例えばごみ箱。
分別ができるように3つで1セットのごみ箱でした。

また古くなっていた主人の傘も新調しましたし、収納ケースも頼んだことがあります。
包丁やシーツカバーもカタログギフトで新しく買い足しました。
どうしても好みの商品がない時は食べ物を頼んでいます。
普段食べたことがないけれど食べてみたかった物を注文してみるのです。
我が家の場合はほとんどがお肉です。
やはりそれなりの値段の食べ物だけあって、おいしいものばかりでした。
カタログギフトに好きな商品が載っていない人はいないと思うのでやはり贈り物として好まれるのが分かります。
そして贈りものとして選ばれるもう1つの理由として重くないからだと思います。
今までの結婚式で地方に行ったこともあります。
遠かったため泊まりがけで。

荷物は多く、披露宴で着る服はかさばります。
そんな時に大きくて重い引き出物をもらうより小さくて軽くて割れないカタログギフトの方がかなりありがたいです。
以前主人が友人の結婚式の引き出物としてパスタ皿を5枚1セットでもらってきたのですが、式場から自宅まで電車で1時間、徒歩10分持って歩き「手がちぎれるかと思った」と嘆いていました。
もちろん立派で素敵なお皿で今でも重宝していますが、持ち歩きのことを考えると重くて割れ物は引き出物に向かないのでしょう。
そしてパスタ皿でしたらカタログギフトにも載っていて、自分の好みの物を注文できます。
私自身、カタログギフトをもらうと家族で集まり「どれにしようか」と相談します。
その間、会話が弾みますし、商品が届くまでのワクワクする時間が好きです。
贈る人は便利で贈られる方は嬉しいカタログギフトはこれからも使うことになると思います。